A8.netファンブログの活用と広告の申請~広告コードの貼り方について

スポンサーリンク

はじめに・・・

 

最初に記事を書いていたレンタル・サーバーカラフルボックスが、お試し期間が終わる為に別サーバーへの引っ越し記事となります

まだ使用し始めたばかりのロリポップ・サーバーの仕組みがわからず悪戦苦闘中~

 

最終的にロリポップサーバーに引っ越したものの貼っている画像データが飛んで消えたり表示に時間がかかりすぎる現象がみられた為、再び引っ越しmixhostサーバーでの運用となります

2020/1/20

A8.netファンブログの活用と広告の申請~広告コードの貼り方について

 

前のページでA8.netへの登録が済んだらトップページからログインし、実際に記事を書いてみましょう!

ファンブログへの記載

 

 

無事にログインできたらTOP画面表示されるので、にある赤枠で囲った ファンブログ を選択します

 

左に赤枠で囲っている 記事を書く を選択することでブログへ記入できるようになります

 

 

あとはWordを使う感覚で入力していきましょう!

 

 

記事を書いたら プレビュー で何度も確認し問題なければ 投稿する を選択すれば公開になります

公開と下書きの違いについて

 

ブログの作成において下書き公開は意味が異なります

 

  • 下書き
  • 公開

 

下書き

 

ブログ作成にいて下書きとは自分(編集者)のみが見れる画面になります

また停電や誤った作業で書いていた文章を消してしまう事もあるので、こまめに保存しておくのが無難です!

 

公開

 

ブログ作成において公開とは下書きとは違って他者から見れる状態になります

ブログは記事を作成し、公開することによって初めて他者から見れる状態になるので積極的に行っても問題ありません。

都合が悪くなれば非公開に変更することもできます

広告の種類と広告の貼り方について

 

 

記事を書く段階で気づかれたかもしれませんが・・・赤枠で囲っている中に 3種類 広告を貼る という項目があります

現在の段階で貼れる広告としては2種類で・・・ A8.netの広告を貼る と 楽天の広告を貼る です

一番端にある Amazonの広告を貼る は事前に申請と審査が通らないと使えません!

 

広告の種類

 

  1. A8.netの広告を貼る
  2. 楽天の広告を貼る
  3. Amazonの広告を貼る

A8.netの広告を貼る

 

A8.netにおける分野で申請し掲載の許可を受けた分の広告が使えます。

 

基本的に報酬単価の高いものは審査が厳しい傾向にあるので、審査が通らなかった場合は記事を書き直し完成させてから再度、申請しましょう!

楽天の広告を貼る

 

検索から該当した楽天市場商品の広告を貼ることができます。

 

A8.netの広告 との違いを挙げると・・・検索に該当した商品の広告を貼ることができますが報酬は売り上げに対する%であり、報酬額は異なります

 

もう1つの特徴は成果が出ても一定額になるまで報酬額をもらえない事です!

 

Amazonの広告を貼る

 

Amazonの広告 は アソシエイト と呼ばれるものですが・・・審査がめっちゃ厳しいです!

有名なのはYoutuberユーチューバー)さんが紹介してるのが多いかな~

紹介している商品が売れて報酬が入るのは大きいですが・・・Amazonさんのアソシエイトは審査が厳しく1回で申請が通った話はあまり聞いたことがありません。

この記事を書いている私も1度目の申請は通りませんでした!

A8.net登録からセルフパックの活用と広告の申請ってどうするの?・・・
ASPの1つであるA8.netの登録方法から自己アフィリエイトについて書いてます

コメント